臭豆腐の貧血調味料を揚げて、揚げ豆腐を理解しますか?

臭豆腐の味はとても重くて、一度行って買って焼き冷麺、隣の人は臭豆腐を買って、日ですか、どうしてそんなに臭い味、普段通りでは遠くて、それほど近距離の闻过臭豆腐の味、本当に臭いた、どうして食べ足りてゆくのか,臭豆腐がそんなに臭くも一種の調味料、次に私達は来て見て、臭豆腐揚げ調味料の調合指図書.

臭豆腐揚げ多くの人は食べましょう、揚げた臭豆腐にもいくつかの調味料を入れ、より多くの人が臭いも感覚が食欲,みんな理解臭豆腐揚げ調味料の調合指図書を見てみましょう、次に私達はどのようにそんな臭いの調味料の.

臭豆腐の調味料を揚げて

揚げ

サツマイモデンプン500グラム、唐辛子の粉ろくじゅうグラム、サンショウの粉にじゅうグラム、干牛肉粉さんじゅうグラム、ニワトリさんじゅうグラム、八角さんじゅうグラム、ウイキョウにじゅうグラム、甘草エキスよんしよグラム(こと)、クミンじゅうごグラム、ネギさんじゅうグラム(やること)、やるにじゅうグラム、しょうが粉味の素270グラム、特に鮮いち号にバッグ、砂糖じゅうごグラム、甘松にグラム、塩の1650グラム、枸皮粉(天然色)200グラム、増田香剤さんグラム(増田香剤使用肉の香りやエビの味など10種類、もしくは13香やスパイシー臭干料320 g代替)以上の原料も各地で香料店頭販売部、漢方薬材の店を買い揃え.

P変調方法

p> <いち、まず全ての原料磨り減る粉.

p2、各鉢または樽は、上記の原料を入れて均等に入れます,
早漏薬.

p3、均等の材料を食品袋または瓶瓶の中に密封して代用します.

原料

の原料<P>

の精製水豆腐はち片に切り32小さく専用ニガリは2500グラム、醤油ごじゅうグラム、靑ばん(硫酸第一鉄)さんグラム、スープの150グラム、赤ワイン山椒末ごじゅうグラム、ゴマ油25グラム、塩はちグラム、味の素さんグラム、植物油で揚げせんグラム.

には

制法が

して

として

して

して

<いち、靑ばん桶内を入れ、お湯、棒でかき回し、そして豆腐を入れて水を压干水分に時間、液体に浸して、すくい取って平干し涼滴りに水を入れ、専用にがりに浸す(春と秋に3 – 5時間、夏に1 – 2時間を液体に浸して、冬の6 – 10時間)、豆腐経ニガリ浸し、が黒いの豆腐を取り出して、寒い湯でちょっと洗い流してもう一度、平置きで水気をきり竹篦.

に,貧血、赤ピーマンを入れやるだけ盆に入れて精製塩、醤油をかけにかき混ぜます均等で、熱のごま油を入れ、スープ、味の素に汁予備.

さん、鍋の中に入れて火を放って、植物油で揚げ焼~6の熱を片下に臭豆腐揚げ豆腐が空から、ナイト鋭いで取り出し、去油パラパラ入れ束.

更に箸カードの熟豆腐中間突き刺し目を入れ、汁と一緒に小さい碗機で.

P特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です