女の貧血子子宮は「10恐れ」5個の技で健康を加護して健康を加護する

女の一生で、子宮はとても重要な役を演じています:次世代、分泌安定を維持する……女の子の子宮、一生はすべて心を込めて加護すること、これは女性心身に健康に対して、非常に重要な意義があります.さて、女性の生涯の各段階で、子宮のどのように良い子宮を加護しますか?

Pは子宮の健康保護

を保護する『p』子宮、命の最初のゆりかご.女達、あなたの子宮を保護して、それは何を恐れているか?それを見て、どうすればいいか、と.

1、3度妊娠:調査、妊娠3回以上、子宮罹患と被害の可能性が著しく増加しているということです.

2、2、繰り返し人工流産:繰り返し手術、特に短い時期に繰り返し行われ,貧血、子宮損傷に大きく、子宮傷病の重要因子.

は、このようにしている深刻な結果は子宮が破損し、または二次感染者が多いとさ.

産前検査によると、産前検査では、妊婦と胎児の異常が発見され、子宮破裂などの深刻な結果になることもあるという.

奇形児と多くの子と多くの胎が発生しやすく、子宮の安全におびやかす、妊娠中に注意して検査し、奇形体、多胎、効果的な措置をとるべきだ.

でも、このやり方はかなり危険で、子宮破裂につながるとしても、そのやり方はかなり危険です.

Pは、正規ではないと、旧法で取り上げ、産婦と胎児の生命安全に深刻な脅威となっている.

八、恐らく妊娠期の性生活:妊娠初期おめでただとの最初の2ヶ月を禁止するべき性生活、さもなくば引き起こしやすい流産早産や、子宮損害をもたらす.

的には衛生、病原性生活は衛生、病原性生活は衛生的な生活を重んじない、病原体は腟から子宮に入り、子宮内膜感染を引き起こす.

Pは、女性が生活に放縦、未成年と生活、自分の心身に健康になり、影響を与え,子宮頸びらんや子宮頸がん等の疾病につながる可能性があります.

女性の友達、子宮を守りたいなら、日常生活では以下の5つの方面:

に注意して1、積極的に避妊する.人工流産を繰り返し繰り返し、宮腔感染、子宮頸、宮腔に癒着、二次性不妊症.

p>にならず、<たちが乱性.性生活と生活が放縦、特に多くの男性と両性関係が発生し、子宮はその筆頭者である.

さん、警戒産後宮脱.産後は休みに注意して、よくしゃがみ労働や力仕事をし,腹圧が増え、子宮が正常位から下方に沿って腟シフト.

p4、高脂肪食を減らして.高脂肪食品は、特定ホルモンの生成と釈放、子宮筋腫の形成と、大量のエストロゲンが刺激に関連し、低脂肪食、多く水を飲んで、多く水を飲んで、