竜井茶の貧血伝説は竜井茶の利益を飲み飲みに飲み

龍井茶が何の非凡な品質と独特の味でずっとは茶葉の中のきわめてすぐれた人、清朝の乾隆帝の下で江南の時,まだ飲ん竜井茶の後、封を御茶、明らかに、龍井茶は人体に対して一定の利益のため、本文は次来みんなのためについて説明竜井茶の伝説.

P茶の伝説、物語が多く、竜井茶を神秘的な色彩に満ちていたという伝説、物語が多く、竜井茶の伝説、物語が多く、竜井茶の伝説、竜井茶の伝説、竜井茶の伝説、竜井茶について

昔、竜井は荒涼荒涼の小さな村だった.山奥には、十数軒の家が疎らに散らばっている.村辺間風を通す雨漏りの破茅屋に住んでいて、おばさん.おばあちゃんがない没女、天涯孤独である一人が、年を取るにない、山、下にしかないし,貧血、部屋の後の18本の古い茶の木.

おばさんはいい人だけど、自分の暮らしは蛮苦しみ、毎年かならずいくつか茶を殘し、毎日素焼きの鍋茶、玄関で日除けの裾2本のベンチに農村下嶺の通行人で力に渇きをいやす.

一年の大みそか、大雪、近所のお正月には、いくつもの正月用品、準備を準備しています.おばさんの家にもすぐその貧しくて、米びつ空とか、ほかに何を伏せ殘りの古いお茶婆、ほかには何もない.しかし彼女は依然として古いしきたりによって、朝起きて、お茶を鍋の中に置いてあり、強火、かまどの前に座ってお茶を焼き.突然聞いてガチャリ』、茅屋の扉を開けて、一人のおじいさん、体に落満雪.おばあさんは忙しくて立ち上がって、「老おじさん、この山は風雪が大きく、部屋に入ってきて、部屋に入ってきた.

Pは、部屋に入り、かまどの穴に火をつけ,おばあさんに話しかけられます:おばさん、お鍋にどんなものを焼きますか?鍋にお茶を焼きます!

今日は大晦日、明日はお正月とか、忙しい人も浮いて三牲福礼、あなたの家はどのように焼き茶

ですか?

おばあさんため息をつい説:“はい、私孤老ばあさん貧しいですね、どうしようもないから三牲福礼神に供えるので、毎日素焼きの鍋に行茶通行人に便利.p/p” p “ジジイは、ハハ笑道:”貧しい、貧しい、貧しかっ、あなたの前にはまだ宝貝を入れている.」

おばさんは聞いてとても奇怪で、伸ばし頭に覗くとは、涼格子2条旧ベンチ、壁の隅のもう一つの破石臼、破れ石里ひと山の古いごみのほか、すべては相変わらず、どちらの宝貝ね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です