祈り、瞑想、癌の貧血末に病人の最良の薬

アメリカジャック.法柏がんセンターの研究者が訪問したがん患者(約400人だけの多くは白人、キリスト教徒,平均年齢は59歳)は,彼らがアンケートに記入し、問題を含む彼らと医師の関係(手紙不信医師、自覚が扱われて完備した人など)、家族や介護者も研究開始時や病人が逝去した後にそれぞれ研究員にインタビューを受ける

その結果,貧血、病院や加護病室亡くなった患者、人生最後の週の生活の質が悪い(例えばちょっと緊張して、疾病の末期の症状体に負担が大きく、鼻胃管)を食、を受けて化学療法の患者で、生活の質も同様によくない.逆に、宗教活動は、祈り、瞑想、牧師が見舞い、医師と友好関係を維持し、末期患者の生活の質が良いとされている.もしかして最高の『薬』と『医者は患者を形成する治療同盟(therapeutic alliance)、病気を治す形成感情の上のリンクは、双方に共通の目標.しかも良いニュースは、これらの『薬』は大金で、司会者荷莉」研究.普とめでたいジェイソン(Holly G . Prigerson)は.

もう一人の研究に参加した腫瘍科医師ミシェル.依凡斯(Michele Evans)は2件は大事:早く計画生命末期を受けたいどんな治療し、医師が患者のことも知っている.いつか治療が無効になっていない、何時に医療緩和を緩和していてはならないか?.私たちはよく遅すぎた.

この研究発表は最近内科医学のファイルを発表した.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です