雄鳥は貧血それらに光を与えて

この日早朝、ニワトリ、シミやダニに主人の家の寝台の縁で会って、それらはここの討論する生活の中の出来事やはいくつか物事の見方.

雄鳥は言います:“私はおっと呼びました何回の太陽は出てきて、大地に届いた温もり、人々に届いた光は、誰に憧れない温もりと光?」

衣魚暖かいは大地の上ではなく、たんすの洋服に!光は何ですか?闇は「光だ!この光が私に生命,貧血、生存、幸福と快楽を与え、誰が闇に光と言うのか」虱を聞いた後に、大声で唸る,感動的に闇は『光明』だ』と言われた!光は寝床にいる!貧乏人はけちだと言いますか.貧乏人は最も慷慨,彼らはシャンシャンのお尻を食べて、私達に美食と楽しみを与えて、私達は私達の美食と享受を得て、私達はただに、良い安楽な円満な円満、誰が暗いのが良いと言うことができますか?雄鳥君はどうして暗が好きと言って?答えを探して!1つは衣魚、1つは吸血鬼だからです!雄鳥が言って、彼らを見て、あなた達は闇が好きになって、君たちが光を恐れているからだ!こんな私はあなたたちの美——最も暗黒の地方に行くことを送って!

衣魚やダニにうれしいが、どこへ行くの?

雄鳥は言います:“私に嗉囊!」バチャバチャとは、一番明るいの地方に、それらを最も光とするところへ行ってきました!(2010 /じゅう/ 27.8:31)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です