墨貧血子論度

郑人墨子の学生は.彼は謹んで守ら師に教え導き、杓子定規、しかし靴を買うことは大きな笑い話に誘発した.みんなの声の中で郑人嘲笑を取り囲み、先生が間違っていましたか?それとも自分が問題なのか?彼は自分の先生にして解決するしかない.

墨子問い合わせた経緯と、しきりに首を振る.郑人問:先生、寧社会、信じない足で、どんな間違いがあります?

墨子はしばらく考えて、寧社会,貧血、信じない足.この言い方はしたことがありませんが、あなたは本当にそう思いますか?

郑人疑惑は当時私はこんなに考えて、しかし今.今……君は当時、そうではないと思ってた.」墨子きっぱり否定した彼の説:寧社会、信じない足.説明度は足よりも大切だ、君が本当にそう思うなら.じゃああなたはバザールに行く時なぜ足を持って、帯に持っていない?あなたは度を忘れることを、あなたはとても重視しないことを説明して、あなたは本当にこのような大きい面倒を出すことができないならば.実は私は必要がないと思う、足りない、私は自分で足を持っても足りないの?郑人解せない.私は天下の度を求めているのは天下の度だと思う!万事度があって、我々の任務は制定度、そしてすべての人を守るのは、これが私たちが墨家の精髄.あなたは1枚の度は靴を買って、これは非常に不便で,必要ない、しかし、あなたが靴を買って、靴、度の作用は大きいことができます.押し広める.もし我々は天下人の足は全て一測定、押すとその大きさに分かれて若干等差度、バイバイ丁名之,そして自分の度を知って、これから買って靴だけ自分の度を示す十分だから、一度を測定するたびに靴を買う.この才能は複雑から簡単へと.すべて人は度が本当の追求、概して言えば:私たちをやり遂げて寧社会、信じない人.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です