撮影の貧血秋

進駐プロジェクト工事の工事現場に進駐して、すべての“にぎわい”はすべてすでに置いて、時間は流れる水のように、すべてゆっくりと、徐で急なメロディーの中で.

この数年、私の身の回りの総帯の写真機、用事があって大丈夫な時、ついでに探すところまでたたいて、老(福州方言)年になったと思ったら、何もない嗜好は、伝説の男五毒食べ、飲み、遊び、賭け、吸うがいらないで、人生を歩んできた道、靑年は、小さいときからつくが近づいてきた夕陽期、感慨逝く者はふーと覚えられないものを全部収まっSDカードの中で、逆に、もし一日が過ぎていくでも続思、きっと映像に必要な記憶を取り戻す.普段撮って叩いて記録のシーンやは画面が、要するに、を気にしないように筆を記録,シャッターを押す記事では、脳の種のない愛は少ない、またはは舌足らずでの悩みを殘らず言い尽くす.

p>ないように<カード機でどのくらい、私は、カメラをアップグレード万元近く一眼、妻のクレジットカードの金に似ているため、私のこの類悶騒男、たまに思考の逸脱、時に連想加速し、自覚が詰めて文化の時もあるているようで、私の妻希望は、流動資金と精力を安置する食べ、飲み、遊び、賭けで、自分の楽しみたい1番は、夜裸浴時低唱、時には、この時興味津々、トイレに入るに引きこもって、携帯電話歌いましょうというソフトに高らかに歌う、そしてに網伝送用に二月の傍らには1200人をクリックして75人ファンの注目を集め.多くの時に自分の楽しみが撮影した,貧血、おととし、自分を返して弗瑞徳網名で撮影网刊大衆、小集写真は百枚、自己感じがない、まあ,本当のある人」と推測する.

今年常駐プロジェクト工事現場でロケをやって、少ない累積に照らして、機内ではいくつかの建築シーンのほか、他の内容が、プロジェクトの仕事が忙しいから立秋の時、やっと少し暇が、そこには秋の景緻.

中秋節の日、一人でぶらぶらまで閔行スポーツ公園、丸い石の道に足を踏み入れて聞いて、ただ座っ道端に小さいスピーカー放送mp 3黄龄かゆいのオリジナルといえばこの歌、夏の熱さと情熱というより、あのこの歌を含む多くは夏の乾燥している悶騒後の秋爽.

歌のようにかゆいのスイレンには绽出秋の風情、遊覧客は思う存分遊んでいる、人と景の間はのんびり絵が刻まれている秋の印は、顔の秋風、きわめて柔軟 .

舟は鮮やかな筆、若大の湖面で詩を書いた読み句、泳ぐ魚湖水変動させて、目を凝らして後、すべてまたはっきりしない、わからない清どっちの魚大どっちの魚は小さくて、瞬間に侧にヨット巻き起こし波、景物と湖間よりが動き、映ってこの目より依人なんて.

本当に見たい

乱葉が、今園の中で会ってない浮葉が舞い、が少ないだけ落ち葉は秋色打点は揺り椅子で座って見て、遊覧客に足を伸ばして成景、」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です