各種類の貧血を詳しく説明しよう

違った臨床特徴に基づいて、貧血は違った分類があります。例えば、貧血進展の速度によって急性、慢性の貧血に分けられて、赤血球の形態によって大きい細胞性貧血、正常細胞性貧血と小さい細胞の低い色素性貧血に分かられ、ヘモグロビン濃度によって軽度、中度を、重度にきわめて重度に分けられて、髄によって増殖性貧血(溶血性貧血、鉄性貧血、巨幼若細胞貧血など)と低下性貧血に分けられています(再生不良性貧血)。

機体の鉄の需要と供給したバランスが崩れたら、体内蓄えた鉄をを使い果たさせて(ID)、継の赤血球内の鉄も欠乏して(IDE)、最終的に鉄性貧血を欠くことを引き起こします(IDA)。IDAは鉄欠乏疾患(ID、IDEとIDAを含めて)の最終の段階で、鉄の欠乏で引き起こした小さい細胞の低い色素性貧血とその他の異常です。IDAは最もありふれている貧血です。その発病率は発展途上国、経済未発達地区と乳幼児、出産適齢期の女性にかなり高いです。鉄欠乏疾患の主な要素は次のようなものと相関しています。乳幼児補助食品付加不足、青少年の偏食、女性生理の量の過多、何度も妊娠して哺乳することとある病理要素(胃の大部分を切除され、慢性で出血し、慢性下痢、萎縮性胃炎と鉤虫感染など)です。鉄剤を利用して鉄欠乏性貧血を治療する時、その治療効果指標最も早い現われたのは織った赤血球がたびたび上がります。

巨幼若細胞性貧血はデオキシリボ核酸(DNA)の合成に障害が出たから引き起こした1種類の貧血です。主に体内でビタミンB12あるいは葉酸を欠乏することで、また遺伝性また薬物などの獲得性のDNAの合成に障害が出たから引き起こします。本症の特徴は深紅色細胞性貧血を呈して、この赤血球は髄内に破壊しやすく、無効性赤血球が現われて生成します。

再生不良性貧血はたくさんの病因から引き起こした髄の造血機能障害で、髄造血細胞の数量の変化と外周の血球の減少を特徴として、臨床で主に貧血と出血と感染を表現します。適確の病因はまだ明確でなくて、もうかねてから再び障えが発病することと化学薬物、放射線、ウイルス感染と遺伝と関係があることを明らかにしました。再び障えは主に青壮年で、発病ピークが2個があて、即ち15~25歳の年齢組みと60歳以上の年齢組です。男性の発病率は女性より高いです。髄衰弱した程度と病気の経過と進行状況に基づいて重量級と非重量級また再び障えおよび急性再び慢性障えに分けられています。