こんな症状に要注意!貧血があなたを襲う

貧血が急激に起こる事はなく、徐々に進行してきます。ですから、「自分が貧血だ」と自覚している人は少なくないと思います。一般的に、貧血を起こすと次のような症状が表れます。

1.体が無力:疲れ、眠気などが筋肉の酸欠によるものです。これはよく見る症状です。

2.呼吸器系統:息切れや呼吸困難。多くは、呼吸中枢または高炭酸血症による低酸素です。

3.消化係統:食欲がなく、吐き気、便秘などが多く見られる症状です。

4.生殖システム:女性患者の中には常に月経不順、閉経や過多月経という症状があります。男女の間に性欲減退はよくあります。

5.泌尿器係統:貧血がひどい者は軽度の蛋白尿あるいは尿濃縮性能低下の症状があります。

6.中枢神経係統:めまい、頭痛、耳鳴り、めまい、集中力の低下、眠気などはいずれもよくある症状です。特に年配の患者が気絶することもあります。

以上の紹介のようで、みなさんが貧血の一般症状をわかり始めると思います。
では、今後の生活と仕事で、みなさんが自分の体の健康を注意してください。いい気持ちをもって、栄養バランスのよい食事をとって、細かいところから貧血を改善しましょう。